FC2ブログ

歩く道 歩いた道

今、毎日を過ごしている自分とは違う自分  でも ココにいる自分が本当の自分かも?  詩や日記や文を通じて 僕はここにいる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
あしたのために2
第2話

あの日から一週間がたった

俺はいつものように仕事がおわり、電車で帰っていた
疲れていたのか、少し寝てしまった
「・・駅に到着、お降りの方はお忘れ物のないようにご注意ください」
パッと起きた俺はバタバタドアに向かった
ドンン!!
入って来る人とぶつかった。。。
ドアは閉まり 電車は走りだした
俺はまだ電車の中 降りるはずの駅がどんどん遠くなっていく
ふとぶつかった相手を見ると
何もなかったかのように
カバンから本を取り出していた
俺は言ったよ
「謝れ」・・・って
そしたら その子
「あんたが・・・・・・あああぁ!!!」
そう 一週間前のアイツ
またかよーって思った
だまった俺にアイツが言う
「あんたが謝るべきよ!!このストーカー!」
2回しか会ってないし、しかも興味ないし、でかい声だし、ここ電車の中だし、言いかえさないよ・俺無口だし。。。
それから5分間 次の駅まで文句は続いた

気づけば 次の駅で降りた俺とアイツ
「何とか言いなさいよ!もう 面白くない人」
なんて言われた
沈黙があり 本をなおそうとするアイツ
俺は「その本 おもしろいよね。」
「お笑い大辞典」
「お笑い大辞典!」
声がかぶった
「わかる?わかる?この本のおもしろさ!あんたなかなかセンスいいね」
さっきまで怒ってたのに なんて思った
でも不思議と話は続いた
歳・住んでいるとこ・趣味・好きな映画・好きな芸人・なんかいろいろ話した 駅のホームで
まぁそろそろ帰ろうかと思い 「じゃあ」というと
アイツも「じゃぁ」
結局 特に別れおしいわけでもなく
もう 会うこともないだろうと
2人は別れた
帰り道 俺は 正直わくわくしていた気がする 今思えば
いつもと違う出来事に

今日は夕日はもうなくて
夜の少し 涼しい風が
気持ちよくて
なんだか 夏を待っているようだった

つづく
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
わくわく


明日も寒いですが、身体にお気をつけて(o_ _)o))
2006/01/09(月) 22:37:13 | URL | すずろく #D0b9Jnjw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。